オフィシャルブログ|税理士法人 さくら会計(貝原会計事務所)

いま注目の「サーバントリーダーシップ」について

■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■
ごあいさつ

今年1年、さくら通信をお読みいただきましてありがとうございました。
年末年始はご家族が集まられる機会も多いと思います。
そんなとき、お子様の教育のこと、マイホームのこと、老後のことなどの話題も出て参ります。一方で寿命は急速に長寿化して行っています。
わが家は何から手をつけて決めて行かないといけないのか?どうやって誰が判断できるのか…。
等々ご家庭、会社の承継がスムーズに進むよう丁寧で親身なアドバイスもさせていただけます。
今注目されている「民事信託」の提案、具体的取みも致します。
ご相談は無料です。また、ご相談の秘密は厳密に守ります。
TEL、メール、FAX等でご連絡ください。
■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
いま注目の「サーバントリーダーシップ」について
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

今回は、部下やメンバーの信頼を得て、主体的な行動・協力を引き出す「サーバントリーダーシップ」についてご紹介いたします。

「リーダーシップが発揮できない」「部下の指導がうまくいかない」「職場の空気が重たい」・・・。
このような悩みをお持ちの方は、少なくないのではないでしょうか。
その原因は、リーダーシップのスタイルにあるかもしれません。

サーバントリーダーシップは、アメリカのロバート・K・グリーンリーフ(1904~1990)が提唱した「リーダーである人はまず相手に奉仕し、その後で相手を導くものである」というリーダーシップ哲学です。
「サーバント」とは、直訳すると「使用人」「召し使い」などの意味になります。
サーバントリーダーは、奉仕や支援を通じて周囲から信頼を得て、主体的に協力してもらえる状況をつくり出します。
あなたがサーバントリーダーになれば、「ふと気づいたら、みんな(部下)がついてきた」「職場に勢いがある」といった感覚が得られるでしょう。
これからのリーダーにとって、サーバントリーダーシップは必須の能力(条件)と言えるかも知れません。

サーバントリーダーが持つべきリーダーシップの特性は、下記の10項目に集約できます。

①傾聴…しっかりと話を聞く。また「自分の心の声」に対しても耳を傾ける。
②共感…人は完全ではないという前提に立ち、どんなときでも相手を受け入れる。
③癒し…相手の心の傷を癒して、本来の力を取り戻させる。
④気づき…物事をありのままに見ることで、自分にも相手にも気づきを与えられる。
⑤納得…相手の承認を得ながら納得を促すことができる。
⑥概念化…大きな夢やコンセプトを持ち、それを相手に伝えることができる。
⑦先見力…現在の状況を過去や教訓と照らし合わせ、そこから将来を予想することができる。
⑧執事役…相手に利益を与えることに喜びを感じ、一歩引くことを心得ている。
⑨人々への成長の関与…仲間の成長を促すことに深くコミットしている。一人一人が秘めている能力や潜在価値に気付いている。
⑩コミュニティづくり…愛情や思いやりに満ちていて、人々の成長や新しい出会いにつながるコミュニティをつくり出す。

ここに挙げた特性のなかで最も重要なのが①の「傾聴」です。傾聴には二つの役割があります。
ひとつは部下の話を聞く力です。「傾聴力」にすぐれたリーダーは、さまざまな変化を素早く察知することができ、部下のコミットメントも引き出しやすくなります。
そしてもうひとつは、リーダー自身が「自分の心の声」を聴くことです。リーダーの「こうしたい」という思いは、えてして独りよがりになることがあります。それを防ぐためには常に自分が示したミッションやビジョンが部下のため、会社のため、ひいては社会のためになっているか、常に見つめ直すことが必要です。
そのためには「自分の心の声」にも耳を傾けなければならないのです。

これからの時代、従来の支配型リーダーシップが通用しない場面は確実に増えていくでしょう。会社や組織を活性化し、成長させるためにも是非サーバントリーダーシップを実践してみてください。
(新澤)

遺言書のより良い書き方③

遺言書

遺言書について6回記事を書かせてもらいました。
良い遺言書の反対に失敗した遺言書もあります。

遺言書に残すにあたり、失敗しては意味がありませんが
そもそも残さないことには失敗も成功もありません。

気を付けた方がいいことも多々ありますが、
残すことが重要です。

「妻○○に全財産を残す」と記載することも立派な遺言書です。
付け足すなら、「誰が書いたのか」「いつ書いたのか」を記載する必要があります。
もちろん最後に署名押印は必要です。

一番シンプルな遺言書は

私○○○○(フルネーム)は全ての財産を妻○○○(フルネーム)に相続させる。
令和元年○月○日
署名押印(認印可)

以上で遺言書は完成します。
妻に残したい場合は上記で足りてしまいます。

妻を長男にすること可能です。

遺言書としての機能は上記で足りますが、
「何故」そのようにしたのか
「思い」を綴ることで

遺言書としての完成度があがります。

遺言書は最後のメッセージです。
ただ「残す」だけでなく
「残した思い」も一緒に残すことで
残された方々も納得しやすいものです。

また、どうしても遺言書は「財産を残す」ことがメインになりがちですが
最後の手紙(メッセージ)だけでも立派な遺言書です。

メッセージがあるだけでも、遺産分けの指標になるかもしれません。

難しく考えずに、取り合えず書くことが重要です。
書くことで悩み事も見えてくるかもしれません。

まだ記載していない場合は始めてみませんか??

(谷山)

遺言書のより良い書き方②

遺言書のより良い書き方をいままでで何度か紹介させて頂きました。

もちろんすべての方が遺言書を残した方がいいですが
その中でも、絶対に!遺言書を書く必要があるかたをご紹介します。
もし、なければそれだけで争いになる可能性があります!!!

前号の引き続きです

4.相続人(実子)と連絡がとれない。
縁を切ったという方もいると思います。
しかし、相続人の縁までは切れていません。
いざ、相続が開始されると縁を切った方の実印が必要です。
連絡が取れないとそれだけで大変です。
一応、このような場合も手続きはありますが
相続人の地位を無効にすることではありません。
10年後に財産をよこせと言ってくるかもしれません。
このような場合でも、遺言書を作成し、きちんと相続させることが重要です。

現在で多いのは、子供が出来てすぐに離婚され、
連絡先もしらないなどもあると思います。
仮にその後再婚して、子供が出来た場合を想定するとそれだけで大変です。
遺言書は必須です!!

最近では子供が親より先に亡くなることもあます。
この場合、子の子、孫が代襲相続人になります。
上記の様に幼少のころに連絡がつかなくなっていることも少なくありません。
遺言書があれば概ね解決します。

 

5.内縁の妻がいる
色々諸事情があり入籍をしていないと思います。
戸籍上妻でない限り、相続人ではなく相続権はありません。
すべてを残さなくても、残したい財産があれば遺言書が必要です。
6.相続人の中に障害者または認知症の方がいる
遺産分割は意思行為です。
意思行為が出来ないと、分割はできません。
後見人の手続などが必要になります。

以上のように少し考えただけで上記の遺言書が必須の方がいます。
相続は相続税を払うことが相続ではありません。

財産を如何に相続させることが相続です。
円満に相続できなくても、道しるべを作ることは
あなたに残された最後の義務です。

今なら、まだ間に合います
遺言書を作成してみませんか???

(谷山)

遺言書のより良い書き方①

遺言書のより良い書き方をいままでで何度か紹介させて頂きました。

もちろんすべての方が遺言書を残した方がいいですが

その中でも、絶対に!遺言書を書く必要があるかたをご紹介します。

もし、なければそれだけで争いになる可能性があります!!!

 

1.配偶者はいるが子供がいない

相続人は誰でしょう??

子供がいない場合、配偶者と親または兄弟になります。

配偶者だけでなく、親兄弟が遺産分割に登場します。

親ならまだしも兄弟から実印をもらうことは抵抗があります・・

また、謝礼(ハンコ代)を払うこともあります。

このようなことが無いように、配偶者に残したいのであれば

遺言書は必須です!!

 

2.子供はいるがまだ未成年である。

一見、遺言書は必要ないように思えます。

しかし、未成年の場合「意思行為」ができないため

「特別代理人」を家庭裁判所で手続きをする必要があります。

もちろん親権者は相続人であるため、利益相反の事由から

代理人にはなれません。では祖父母や叔父叔母になってもらう必要があります。

この時点でもう大変ですよね。

まだ、未成年が一人であればいいですが、二人、三人となれば

それぞれ手続きが必要で、それぞれ代理人が必要です。

それだけ代理人をお願いできる方がいればいいですが・・・

これこそ「配偶者にすべての財産を相続させる」だけの遺言書で充分です。

※実印が作れる年齢であれば、遺産分割に参加できます

 

 

3.再婚でお互いに連れ子がいる。

相手方の連れ子は相続人ではありません。

よくある事例としてお互いが一人ずつ子供がいるとします。

もしあなたが事故で無くなった場合、相続人は??

それは、配偶者と実子となります。

一見、問題がないようにも思えますが、

子供が小さい場合、通常配偶者がすべての財産を相続すると思います。

 

では、そのあと、配偶者が亡くなり相続が開始されます。

相続人は配偶者の実子のみとなります。

あなたの実子には一切の財産が引継げないことになります。

遺言書をキチンと残すこともありますが

養子縁組をしておくことも対策の一つと言えます。

 

しかし、子供が小さいなどの理由で相続させないことはあってはなりません。

 

以上のように少し考えただけで上記の遺言書が必須の方がいます。

相続は相続税を払うことが相続ではありません。

 

財産を如何に相続させることが相続です。

円満に相続できなくても、道しるべを作ることは

あなたに残された最後の義務です。

 

今なら、まだ間に合います

遺言書を作成してみませんか???

(谷山)