月別アーカイブ: 2016年8月

9月2日開催 TKC戦略経営者セミナー2016

経営幹部の皆様には「FX4クラウド」から抽出した財務データ等を様々なデータと組み合わせ、貴社独自の管理資料による課題の早期発見や対応策の決定”に繋げていただけるようになります。

経理ご担当者さまには「預金仕訳」を「TKC FinTechサービス」、「現金仕訳」を「証憑ストレージサービス」をご利用いただくことで、仕訳の約7割が省略可能です。さらに「FX4クラウド」の仕訳連携機能も併せてご利用いただくと、毎月同じ内容の仕訳が多かったお客様にとっては単純作業が省略されます。

◆ 開催日時   平成28年9月2日(金)
            10:00~11:00 「実践!業績管理」~クラウドの活用で全社が見える
        11:00~11:30 「TKC FinTechサービス」「TKC証憑ストレージサービス」
             11:30~     個別相談会

 ◆会  場      KC近畿大阪研修センター(地下鉄御堂筋線江坂駅 北改札口直結)

 ◆ 参 加 費    無料
◆ 参加対象  企業経営者、経理担当者
◆ お申込み先  税理士法人さくら会計までご連絡下さい。
税理士法人さくら会計 総務部
T E L : 06-6263-1361    F A X : 06-6263-1362
e-mail : kaibara@tkcnf.or.jp
ご不明点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

⇒ 受付は終了いたしました。
TKC戦略経営者セミナー②

TKC戦略経営者セミナー①

さくら会計セミナーのお知らせ 『夢』から作る「経営計画」

9.27セミナー

『夢』をもって経営をされていますか?

○〇年後には・・・
“会社を大きくしたい” “海外進出したい”  などなど

 社長が会社に『夢』をみれなくて、社員が会社に夢をみれるはずがありません!!

『夢』を社内で共有し、その『夢』を社外へ発信するツールが「経営計画」です。

会社の規模や経営状態は関係ありません!!
夢』があれば「経営計画」はいつでも誰でも作成できます!!

  漠然とした 『夢』「経営計画」 にして行動を変えてみませんか?

  ◆ 開催日時  平成28年9月27日(火)
                                14:00~16:00

 ◆ 会  場    税理士法人さくら会計 会議室
 ◆ 講  師    税理士法人さくら会計 監査部 秦 健一郎
 ◆ 参 加 費    無料
 ◆ 定    員     約10名  ※ 定員になり次第、締め切りさせていただきます。
 ◆ お申込み先  お電話、FAXまたはメールにてお申込み下さい。
                  税理士法人さくら会計 総務部
                                 T E L : 06-6263-1361    F A X : 06-6263-1362
                                 e-mail : kaibara@tkcnf.or.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆☆一緒に「経営計画」を作成してみませんか??☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ご不明点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 ⇒ 受付は終了いたしました

 

国内センサーネットワークシステム市場の動向

「矢野経済研究所」が国内センサーネットワークシステム市場調査をしました。
それによると2015年度の国内センサーネットワークシステム市場は59.3万システム、2020年度には136.4万システムに拡大と予測しています。

センサーネットワークシステムとは、親機と子機で構成されるネットワークシステムをいいます。
2015年度の国内センサーネットワークシステム市場は堅調に推移しており、
エンドユーザー設置数量ベースで前年度比6.8%増の59.3万システムとなり、
用途別にみると、HEMSなどのエネルギー管理及び機械警備装置向けが好調であったほか、
センサータイプの自動車盗難防止装置向けなども堅調でした。

センサーネットワークシステムは、2017~2018年度頃からは介護施設や在宅介護での見守り系サービス用途が拡大していき、2020年度の国内センサーネットワークシステム市場は、エンドユーザー設置数量ベースで136.4万システムになると予測しています。

なお、この数字にはスマートフォン等は含まれていません。

IoTによるイノベーション実現のため、このセンサーネットワークシステム市場は重要な要素の一つとして位置づけされ拡大が予測されてます。

8月20日 初心者向け相続税セミナーを開催しました!

DSCN26124月に開催しましたセミナーが好評につき再度同じテーマでセミナーを開催致しました。
お暑い中、ご参加くださいました皆さまありがとうございました。

相続とはについて、具体的な事例を交えながら簡単にご説明させていただきました。
ご参加いただいた方々から、「わかりやすかった」と嬉しいお言葉をいただいております。

今後も『相続』に関するセミナーを開催していきますので、ご興味のある方はぜひご参加ください!!

 

 

『名義株』はありませんか?

現在の会社法では1人でも会社を設立できますが、旧商法では会社設立の際に一定数の人数が必要であったために、親族等の名義を借りて会社を設立することがよくありました。
そのため、名義と実質上の所有者が一致していない株式が発生し、この株式のことを『名義株』と呼びます。

その後、旧商法が改正された後も名義株を解消せずに放置していた場合、思わぬトラブルになることもあります。

たとえば、名義人から株主としての権利を主張され、株式の買取請求を要求されることもあまりす。名義人とは内情が分かっていても、その後、名義人が死亡し相続が発生した場合、内情をしならい相続人が相手となり、トラブルの基になります。

そうならないためにも、事前に名義株を解消することをおすすめいたします。
解消する場合も相手方から一筆「名義株であった旨」が分かるような署名をして貰うことをお勧めいたします。

本来の名義人に名義が変更になるだけのため、本来課税関係は生じませんが、客観的には「譲渡・贈与」と見分けがつきませんので、税務署より指摘される可能性があります。

もし、まだ名義株がある場合は、すぐ対策をすることをお勧めいたします。

名義株ありませんか??

円満な相続

当さくら会計通信の読者の方は、日経新聞記事に関心のある方も多いと思います。
その中に下記の事項が紹介されています。

(1)相続争い、10年で3割増し
(2)家庭裁判所の取扱った分割事件のうち、
争いの遺産が1,000万円以下が3
割5,000万円以下までで7割

相続争いになるのは遺産が大きい方達、少なくとも1億円以上はある家庭の問題と思っておられませんか?

相続という悲しい別れのあと、親族間での財産争いをしなければならない状況は、
その家族や関係者にとって二重の悲しみを味わうことになります。
財産を遺す人の知恵、愛情で後に問題を残さないようにしましょう。

そのためには“どういう手続きをすればよいのか”を相続税の専門家に相談することからはじめて下さい。
1人で抱えていると問題を先送りにするばかりです。

『税理士法人さくら会計』では、
相続対策・相続税申告や手続について40年以上のノウハウがあります!!
経験豊富なスタッフがていねいにご相談をお受けいたしますので、
少しでもお気にかかることがございましたらお気軽にご連絡下さい。
初回相談は無料です!