会社と家族を守る保険金

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

会社を守るため、また家族を守るために保険を活用されている方は多いと思います。

いざ保険事故が発生したときに、その保険金を計画通りに使うことが重要であります。

その際のポイントの1つとして、保険金の受取口座があります。

保険金の受取口座が借入金の多い金融機関であれば
融資時の契約内容にもよりますが、貸し剥がしの対象となる可能性もあるため、
別口座の指定をお勧めします。

会社・家族を守るために入っていた保険が思わぬ使われ方をされないための対策が必要です。

また会社の借入金に対して、社長が連帯保証人となられている場合には、
その連帯保証人の地位は、相続により相続人に引継がれます。

そうならないために、会社の保障・資金運用・遺族への配慮を考慮した対策を用意しておくことが大切であります。

少しでも興味のある方は
税理士法人さくら会計まで御一報ください。

連帯保証人について