いま注目の「サーバントリーダーシップ」について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■
ごあいさつ

今年1年、さくら通信をお読みいただきましてありがとうございました。
年末年始はご家族が集まられる機会も多いと思います。
そんなとき、お子様の教育のこと、マイホームのこと、老後のことなどの話題も出て参ります。一方で寿命は急速に長寿化して行っています。
わが家は何から手をつけて決めて行かないといけないのか?どうやって誰が判断できるのか…。
等々ご家庭、会社の承継がスムーズに進むよう丁寧で親身なアドバイスもさせていただけます。
今注目されている「民事信託」の提案、具体的取みも致します。
ご相談は無料です。また、ご相談の秘密は厳密に守ります。
TEL、メール、FAX等でご連絡ください。
■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
いま注目の「サーバントリーダーシップ」について
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

今回は、部下やメンバーの信頼を得て、主体的な行動・協力を引き出す「サーバントリーダーシップ」についてご紹介いたします。

「リーダーシップが発揮できない」「部下の指導がうまくいかない」「職場の空気が重たい」・・・。
このような悩みをお持ちの方は、少なくないのではないでしょうか。
その原因は、リーダーシップのスタイルにあるかもしれません。

サーバントリーダーシップは、アメリカのロバート・K・グリーンリーフ(1904~1990)が提唱した「リーダーである人はまず相手に奉仕し、その後で相手を導くものである」というリーダーシップ哲学です。
「サーバント」とは、直訳すると「使用人」「召し使い」などの意味になります。
サーバントリーダーは、奉仕や支援を通じて周囲から信頼を得て、主体的に協力してもらえる状況をつくり出します。
あなたがサーバントリーダーになれば、「ふと気づいたら、みんな(部下)がついてきた」「職場に勢いがある」といった感覚が得られるでしょう。
これからのリーダーにとって、サーバントリーダーシップは必須の能力(条件)と言えるかも知れません。

サーバントリーダーが持つべきリーダーシップの特性は、下記の10項目に集約できます。

①傾聴…しっかりと話を聞く。また「自分の心の声」に対しても耳を傾ける。
②共感…人は完全ではないという前提に立ち、どんなときでも相手を受け入れる。
③癒し…相手の心の傷を癒して、本来の力を取り戻させる。
④気づき…物事をありのままに見ることで、自分にも相手にも気づきを与えられる。
⑤納得…相手の承認を得ながら納得を促すことができる。
⑥概念化…大きな夢やコンセプトを持ち、それを相手に伝えることができる。
⑦先見力…現在の状況を過去や教訓と照らし合わせ、そこから将来を予想することができる。
⑧執事役…相手に利益を与えることに喜びを感じ、一歩引くことを心得ている。
⑨人々への成長の関与…仲間の成長を促すことに深くコミットしている。一人一人が秘めている能力や潜在価値に気付いている。
⑩コミュニティづくり…愛情や思いやりに満ちていて、人々の成長や新しい出会いにつながるコミュニティをつくり出す。

ここに挙げた特性のなかで最も重要なのが①の「傾聴」です。傾聴には二つの役割があります。
ひとつは部下の話を聞く力です。「傾聴力」にすぐれたリーダーは、さまざまな変化を素早く察知することができ、部下のコミットメントも引き出しやすくなります。
そしてもうひとつは、リーダー自身が「自分の心の声」を聴くことです。リーダーの「こうしたい」という思いは、えてして独りよがりになることがあります。それを防ぐためには常に自分が示したミッションやビジョンが部下のため、会社のため、ひいては社会のためになっているか、常に見つめ直すことが必要です。
そのためには「自分の心の声」にも耳を傾けなければならないのです。

これからの時代、従来の支配型リーダーシップが通用しない場面は確実に増えていくでしょう。会社や組織を活性化し、成長させるためにも是非サーバントリーダーシップを実践してみてください。
(新澤)