遺言書のより良い書き方③

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

遺言書

遺言書について6回記事を書かせてもらいました。
良い遺言書の反対に失敗した遺言書もあります。

遺言書に残すにあたり、失敗しては意味がありませんが
そもそも残さないことには失敗も成功もありません。

気を付けた方がいいことも多々ありますが、
残すことが重要です。

「妻○○に全財産を残す」と記載することも立派な遺言書です。
付け足すなら、「誰が書いたのか」「いつ書いたのか」を記載する必要があります。
もちろん最後に署名押印は必要です。

一番シンプルな遺言書は

私○○○○(フルネーム)は全ての財産を妻○○○(フルネーム)に相続させる。
令和元年○月○日
署名押印(認印可)

以上で遺言書は完成します。
妻に残したい場合は上記で足りてしまいます。

妻を長男にすること可能です。

遺言書としての機能は上記で足りますが、
「何故」そのようにしたのか
「思い」を綴ることで

遺言書としての完成度があがります。

遺言書は最後のメッセージです。
ただ「残す」だけでなく
「残した思い」も一緒に残すことで
残された方々も納得しやすいものです。

また、どうしても遺言書は「財産を残す」ことがメインになりがちですが
最後の手紙(メッセージ)だけでも立派な遺言書です。

メッセージがあるだけでも、遺産分けの指標になるかもしれません。

難しく考えずに、取り合えず書くことが重要です。
書くことで悩み事も見えてくるかもしれません。

まだ記載していない場合は始めてみませんか??

(谷山)