医療費控除が変わります!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

平成29年分の確定申告から医療控除の申告方法が変更になりました。

従来から医療費控除はその対象となる年度の医療機関の領収書を添付することとなっていました。ですが、平成29年分の確定申告より医療費の領収書の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。

 

医療費の領収書は自宅で5年間保存する必要があり、税務署から求められたときは提示または提出しなければなりません。「医療費控除の明細書」の記入を省略できる方法として、医療保険者から交付を受けた医療費通知を添付することが出来ます。医療費通知とは、健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」などの書類です。

 

また、平成29年度からセルフメディケーション税制の適用が始まります。
予防接種、がん検診、勤務先での健康診断や特定健康診査(いわゆるメタボ検診)などの一定の取組を行っている方が対象です。

薬局やドラッグストアで販売されている特定の市販薬(スイッチOTC医薬品)の購入も対象となります。

 

セルフメディケーション税制の添付書類は、インフルエンザ予防接種や健康診断の領収書または結果通知表、医薬品購入時の領収書またはセルフメディケーション税制の明細書です。

 

セルフメディケーション税制は、通常の医療費控除との選択適用になりますので、同時に適用を受けることは出来ませんので、ご注意ください。