労働保険の成立手続きはおすみですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

事業主が労働者(社員)を採用したときは様々な手続きが必要です。

健康保険・厚生年金・労働保険とそれぞれに加入します。

 

<労働保険とは>
労働保険とは、労災保険と雇用保険とを総称した言葉で、政府が管掌する強
制保険制度です。
労働者をひとりでも雇用していれば、加入手続きを行わなければなりません。

<労災保険とは>
労災保険とは、労働者の方が業務中や通勤途中に事故にあった場合に、必要
な保険給付を行い被災された方や遺族の方の生活を保護し、併せて社会復帰
を促進する事業を行うための保険制度です。

<雇用保険とは>
労働者のかたが失業した場合、失業等給付を支給したり再就職を促進する事
業を行うための保険制度です。新たに労働者を雇い入れた場合は、保険料の
納付とは別にその都度、事業所を所轄する公共職業安定所(ハローワーク)
に「雇用保険被保険者資格取得届」の提出が必要です。

 

社員を採用しているのにも関わらず、労働保険に加入していないと行政から指導が入ることがあります。
まだ加入手続きをされていない事業主の方は、速やかに労働保険に加入して下さい。

 

事業主の方の事務負担をお手伝いするため、労働保険の手続きは「貝原会計事務所共栄会」にて代行しております。
「貝原会計事務所共栄会」は税理士法人さくら会計の顧問先様を中心とする労働保険事務組合です。

 

現在、社内で労働保険事務をされている会社さまでも、時期を問わず加入出来ます。

 

この機会に貝原会計事務所共栄会に加入しませんか?

 

詳しくはは監査担当者、税理士法人さくら会計へお問い合わせください。

⇒お問い合わせはこちらから