経営力向上計画の認定件数が急増しています!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

中小企業庁から「経営力向上計画」の認定件数が、8月25日現在で482件になったことが発表されました。
7月29日の時点では47件だったことを考えると、1ヵ月間で大幅に増加したこととなります。

中小企業等経営力強化法では、
中小企業等が設備投資・人材育成・経営手法改善等に取り組む「経営力向上計画」を策定し、
認定を受けた場合、金融支援措置のほかに認定計画に基づき取得した一定の経営力向上設備である新品の機械装置について、課税年度から3年度分の固定資産税(償却資産税)に限り、課税標準を2分の1とする税制措置が設けられています。
また、次回以降の「ものづくり補助金」を受ける際には、加点の対象となることとされています。

今後年末までに、提出が増加し混雑することが予測されますので、新規設備投資を計画されている法人様は早めに提出されることをお勧めします。

私も現在、1件作成の依頼を受けており、ヒアリングを受け現在作成中です。

提出の際には、認定支援機関の押印が必要ですので、ご注意ください。


税理士法人さくら会計は「認定支援機関」です。
「経営力向上計画」を作成しとようとお考えの方は、お手伝いいたしますのでお気軽にお問い合わせください。

 ⇒ お問合せはコチラから(担当:布施