相続税の配偶者軽減について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

『相続税の配偶者軽減』とは、
被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際に取得した遺産額が、
次の金額のどちらか多い金額までは配偶者に相続税はかからないという制度です。

(1)1億6千万円
  (2)配偶者の法定相続分相当額
     配偶者と子の場合    1/2
     配偶者と親の場合    2/3
     配偶者と兄弟姉妹の場合 3/4

但し、この制度の対象となる財産には仮装又は隠蔽されていた財産は含まれません。税務調査で遺産が加算になった場合は、仮装隠蔽と捉えられてこの軽減が受けられない可能性がありますのでご注意下さい。

また、適用するには次の要件があります。
(1)遺産分割などで実際に取得した財産に適用
  (2)相続税の申告書の提出(一定の書類も一緒に提出)
以上の要件があります。

すなわち、「配偶者がすべて相続するから相続税がかからない」と誤った知識で申告も何もしない場合、この特例を受けることができず、余計な税金を支払うことになるかもしれません。また、財産分けで家族間でもめてしまい、分割が決まらなかった場合もこの特例を受けることが出来ないので注意が必要です。

このように家族間の仲が悪い場合などは是非、遺言書の作成をお勧めします。分け方を先に決めておけば、申告をきちんと行えばこの特例も適用できますので、不測の事態を回避できます。

ご自身のことを今一度よく考え、ご自身およびご家族に相続が発生したことも想像してみましょう。